子供に豆乳を飲ませても大丈夫なの?

子供にはぜひ飲ませるべきでしょう!

子供にジュースを飲ませるよりは豆乳の方が良いということで、お子さんに豆乳を飲ませたい方が増えてきています。子供に豆乳を飲ませても大丈夫なの?と心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、豆乳は味噌や豆腐と同じ大豆食品ですので、飲み過ぎにだけ注意すれば、全く問題ありません。むしろ、健康面を考えると、毎日飲んだ方が良いくらいです。

苦手な野菜が多く野菜不足になりがち
お菓子を食べ過ぎて食事を残すことが多い
甘いジュースをたくさん飲んでしまう

特に、このようなお子様をお持ちの方は、1日1回でもいいので、ジュースを豆乳に置き換えることをお勧めします。しっかりと栄養のある豆乳を飲むことで、ジュースで糖分をとりすぎることもなくなりますし、お腹も満たされるので、お菓子の量も少なくなるはずです。

子供には豆乳と牛乳のどちらが良いの?

豆乳(豆乳飲料)
  • カルシウムは?

    無調整豆乳にはカルシウムは含まれませんが、調整豆乳や豆乳飲料にはカルシウムが牛乳と同じくらい含まれています。イソフラボンも入っているので、カルシウムの吸収率は抜群。

  • 栄養成分

    ・カルシウム
    ・たんぱく質
    ・鉄分
    ・イソフラボン
    ・ビタミンB1
    ・ビタミンB2
    ・ビタミンB12

  • たんぱく質

    植物性たんぱく質なので、コレステロールはゼロ、飽和脂肪酸の含有量は低い。

  • 子供への影響

    乳糖が入っていないので、お腹がゴロゴロしない。

  • まとめ

    子供と豆乳飲料は相性がとても良いです。特にカルシウムの吸収率が高いところがポイント。牛乳に比べて栄養価が高いところも成長が盛んな子供にとって嬉しいですね。

牛乳
  • カルシウムは?

    いうまでもなく牛乳にはカルシウムがたっぷりと含まれています。ただし、牛乳だとカルシウムの吸収率は低いです。ビタミンDが添付された乳飲料の方が牛乳よりも吸収率は高いです。

  • 栄養成分

    ・カルシウム
    ・たんぱく質
    ・ビタミンB2
    ・ビタミンB12



  • たんぱく質

    動物性たんぱく質なので、コレステロールや飽和脂肪酸の含有量が多い。

  • 子供への影響

    乳糖が入っているので、お腹がゴロゴロすることがある。

  • まとめ

    子供の頃に牛乳を毎日飲むというのは習慣のようになっているかもしれませんが、カルシウムの吸収率は意外に低いので、1日1杯を豆乳飲料に置き換えてみるのがおすすめ。

子供向けでおすすめの豆乳はこちら

おすすめはマルサンアイの「そいっち」

1本に100mgのカルシウム入り
⇒ 牛乳とほぼ同じ量のカルシウムが入っているだけでなく、カルシウムの吸収率を高めるイソフラボンの豊富なので、体内にカルシウムをしっかりと吸収できます!
国産の果物・野菜エキスたっぷり
⇒ 野菜が苦手なお子さんでも手軽に野菜を摂取できるように果物・野菜エキスをたっぷりとブレンドしています。フルーツ果汁入りで飲みやすいところもポイント!
有機大豆100%なので安心
⇒ 小さなお子さんだからこそ食の安全にはこだわりたいところ。そいっちは有機JASの厳しい品質管理をクリアした有機大豆を100%使用しているので、安心してお子さんに飲ませることができます!


子供に不足しがちな栄養素をしっかり補えるから「そいっち」がおすすめ



おすすめ豆乳一覧

豆乳を目的に合わせて選ぶ

豆乳にはどんな効果が?