トップページ > 子供向け豆乳 > 子供には豆乳と牛乳のどちらが良いの?

子供には豆乳と牛乳のどちらが良いの?

豆乳(豆乳飲料)
  • カルシウムは?

    無調整豆乳にはカルシウムは含まれませんが、調整豆乳や豆乳飲料にはカルシウムが牛乳と同じくらい含まれています。イソフラボンも入っているので、カルシウムの吸収率は抜群。

  • 栄養成分

    ・カルシウム
    ・たんぱく質
    ・鉄分
    ・イソフラボン
    ・ビタミンB1
    ・ビタミンB2
    ・ビタミンB12

  • たんぱく質

    植物性たんぱく質なので、コレステロールはゼロ、飽和脂肪酸の含有量は低い。

  • 子供への影響

    乳糖が入っていないので、お腹がゴロゴロしない。

  • まとめ

    子供と豆乳飲料は相性がとても良いです。特にカルシウムの吸収率が高いところがポイント。牛乳に比べて栄養価が高いところも成長が盛んな子供にとって嬉しいですね。

牛乳
  • カルシウムは?

    いうまでもなく牛乳にはカルシウムがたっぷりと含まれています。ただし、牛乳だとカルシウムの吸収率は低いです。ビタミンDが添付された乳飲料の方が牛乳よりも吸収率は高いです。

  • 栄養成分

    ・カルシウム
    ・たんぱく質
    ・ビタミンB2
    ・ビタミンB12



  • たんぱく質

    動物性たんぱく質なので、コレステロールや飽和脂肪酸の含有量が多い。

  • 子供への影響

    乳糖が入っているので、お腹がゴロゴロすることがある。

  • まとめ

    子供の頃に牛乳を毎日飲むというのは習慣のようになっているかもしれませんが、カルシウムの吸収率は意外に低いので、1日1杯を豆乳飲料に置き換えてみるのがおすすめ。

おすすめ豆乳一覧

豆乳を目的に合わせて選ぶ

豆乳にはどんな効果が?