更年期障害の辛い症状に豆乳は効果的なの?

はい、健康面を考えると豆乳のような食品で対策するのがおすすめです!

更年期障害は閉経(50歳前後)を挟んでおよそ10年程度続くといわれる女性特有の症状です。更年期障害の主な原因となっているのが女性ホルモンの減少。特にエストロゲンという女性ホルモンが減少することで、様々な不調を招くといわれています。更年期障害で特に注意したいのが次のような症状です。

女性ホルモン「エストロゲン」の減少 → 自律神経の乱れ・イライラ
コレステロールの増加 → 動脈硬化を招く恐れ
骨からカルシウムが溶け出す → 骨粗しょう症のリスク

更年期障害によるこれらの症状の対策に効果的といわれているのが豆乳です。医薬品やサプリメントで対応するという方もいらっしゃるかもしれませんが、更年期障害とは約10年にわたって付き合っていかなければいけませんから、豆乳のような食品で対策するのが健康面を考えてもおすすめです。即効性は期待できないかもしれませんが、根気よく続けることで、更年期障害の症状に負けない体へと導いていきましょう。

更年期障害の対策におすすめの豆乳はこちら

おすすめはマルサンアイの「しみ込む豆乳」

イソフラボンがホルモンバランスを整える
⇒ 女性ホルモンの「エストロゲン」に似たはたらきをするイソフラボンが2倍含まれているので、更年期障害の様々な症状の緩和に役立ちます!
カルシウムをたっぷりと配合
⇒ 一般的な豆乳の3倍のカルシウムが配合されているので、女性ホルモンの影響で起こりやすい骨粗しょう症を対策することができます!
コレステロールの増加を防ぐ
⇒ コレステロールをゼロに抑えているだけでなく、大豆タンパクがコレステロールを吸着して排出してくれるので、コレステロールの増加を抑えることができます!


イソフラボン「2倍」・カルシウム「3倍」・コレステロール「ゼロ」は「しみ込む豆乳」だけ



おすすめ豆乳一覧

豆乳を目的に合わせて選ぶ

豆乳にはどんな効果が?